採用を通じて思ったこと|求人たまてばこ

採用を通じて思ったこと

新卒で入社して1年近くなる新人への指導

山盛君は、まだ入社して9ヶ月しか経たないのだが、先輩の言う事を逐一メモに取り同じ事を2度も聞かないところが早い成長の速度に繋がっていると思います。彼と同時期に入社してきた中では1番の努力家だと思います。私は彼がウチの出した新卒向けの求人のキャッチコピーの「転職者も応援!!」という文字に惹かれて入社を決めたらしいと聞きました。私は年下の相手だが尊敬をしました。尊敬をした言葉が、『今の時期に新卒だけの求人募集ではなく、新卒以外も募集している会社は広い心を持っている会社だと思いました。』でした。人に対して広い心を持っている会社で働いて自分もそうなりたいと思い面接を受けたと聞きました。私は、その言葉を聞いて心根が素直な子もいるのだと思いました。

中途採用の人を指導する先輩社員

入社して8年目になる私が今、会社から任せられている大きな仕事の1つが社員の研修です。新人には、私より実力も、何もかもが全て上の上司が指導しています。私が、ココ1、2年させて頂いているのは、中途入社で入ってきた新人を教育しています。求人を出すときに同業者の人や全く畑違いの会社から転職してこられるときがあるので、その人たちが持つ固定概念を1度、崩して再構築するのが私の専らの仕事である。求人を出すときにも広告会社にお願いしているのは私である。会社にとって今、新卒が必要なのか上記のような人が必要なのかを判断するのも私だけの仕事である。