Sが転職した理由|求人たまてばこ

Sが転職した理由

Sはバブル崩壊直後に大手銀行である「東京ムーン銀行関西支店」に赴任しました。そこで、多くの預金者を集めることで、念願の融資課長まで上り詰めましたが、上司の仕組んだ罠にハマってしまい、50万円の損害を出してしまいます。いわゆる50万円を横流ししてしまったのです。この50万円をどうにかして回収しようと翻弄するも、彼に絡む糸がそう彼を自由にしてくれず彼は悩みます。そして、ようやく彼は50万円を回収し、上司の失態を銀行に通達したのです。

その成果を認められた彼はとうとう本店の営業第三部の次長として赴任します。そこで伊勢海老ホテルの再建を命じられ、彼は伊勢海老ホテルを守りぬくことを決意します。

数多の障害を乗り越えた彼に待っていたのはとてつもなく残酷な提携している電器店経理への左遷でした。

彼は、その人事に不服を感じ銀行を後にします。

そして、その先で就職した「ミズナカード信託」にてかつて務めていた「東京ムーン銀行」をつぶしにかかります。

銀行の内部体制は、事なかれ主義によって「赤のものを青」と言ったりしていることにSは非常に不快感を抱いていたのでした。

そして彼はとうとう決意し、旅をするのでした・・・それがSが転職に至った理由です。